• 任意整理の手続き
  • メリットとデメリット
  • 任意整理の手続き流れ
  • 解決事例
  • レアールによる任意整理の特色
  • 任意整理のQ&A
レアールの任意整理

任意整理ってどんな手続?

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通さず、弁護士が直接債権者と交渉して、①法定利率に基づく引き直し計算を行い、借金の残額自体を適法金額まで減額させ(適法だった場合には減りません)、②毎月の返済額をあなたが無理なく返済できる金額まで減らした内容での和解締結を目指すものです。

また、既に、「過払金」が発生しているケースもあり、このような場合には、弁護士がこの過払金の回収まで行いますので、結果として、あなたの債務総額が大幅に減額となるケースもあります。

任意整理という選択

任意整理は、毎月の返済日が近づくと、「返済のことで頭がいっぱいになり今後のことが考えられない」という方にとって、これまでの生活を見直し、経済的にやり直す機会を与えてくれるものです。

具体的には、まず、弁護士に依頼をすると、請求や返済がストップします。そして、弁護士が利息制限法に基づく利率(年15~20%)で過去の取引の引き直し計算をし、これにより借金を減額し、さらに債権者の協力の下、将来発生する利息を免除してもらい、長期間(概ね3~5年間ですが、さらに長期間となる場合もあります)の分割返済で完済できるように返済計画を立て直します。

もちろん、この返済計画は、あなたが現在置かれている具体的な経済状況を考慮して作成しますので、無理のない返済をしていくことが可能となります。請求や返済のない精神的に落ち着いた状態で、一度、今後の生活のあり方や返済計画などをゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

※「引き直し計算」とは、約定利息の利率が利息制限法の利率を超えていた場合、過去に返済した金額のうち、利息制限法の利率を超えて利息として支払っていた部分を残元本の返済に充てていく計算です。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリット

  1. 弁護士に依頼した後は、債権者からの請求や督促がストップする!
  2. 借金を減額できたり、払い過ぎてきたお金(過払金)が戻ってきたりする場合がある!
  3. 裁判所を通さない私的整理のため、一部の債権者からの借金のみを選択して整理できる
  4. 自己破産のような職業制限(資格制限)がなく、仕事に影響がない!
  5. 自己破産や個人再生のように官報に掲載されることがない

任意整理のデメリット

  1. 信用情報機関(いわるゆブラックリスト)に登録されるため、一定期間新たな借入やローンの利用が制限される。

※ただし、金融庁の方針で、過払金返還請求のみの場合は、信用情報機関に登録されません

任意整理の手続の流れ

【1】弁護士に相談・依頼。弁護士が債権者に対して受任通知を発送。

弁護士に依頼すると、債権者からの請求・取立がストップします。また、返済もストップします。

債務整理の手続き流れ

【2】弁護士が債務内容などの調査・確認。

弁護士が債権者からこれまでの取引履歴を取り寄せ、債務内容を確認します。

債務整理の手続き流れ

【3】利制限法による引き直し計算・債務の確定。過払金が発生してれば返還請求。

利息制限法に基づく利率で過去の取引を再計算(引き直し計算)します。過払金が発生している場合には、その返還請求をします。

債務整理の手続き流れ

【4】返済計画の作成。

生活状況を確認した上で、どのように返済していくか相談をし、返済計画を作成します。

債務整理の手続き流れ

【5】債権者との交渉

作成した返済計画に基づく返済でいいか債権者と交渉します。過払金を請求している場合には、返還額についても交渉します。

債務整理の手続き流れ

【6】和解成立

債権者との交渉がまとまれば、分割返済の和解をします。過払金を請求している場合、業者からの提案額でよければ、その返還の和解をします(提案額が低い場合には、ご要望に応じて、訴訟を提起して回収します)。

債務整理の手続き流れ

【7】返済開始・過払金受領

和解内容に基づき返済がスタートします。

※当事務所では、債権者に対する返済の代行業務もさせていただきます。過払金の和解が成立していれば、その返還を受けます。

解決事例

【ケース1】Aさん(女性)50代 パート

任意整理前

4社から借入総額が300万円を超え、利息も含めて返済するのは大変でした。

金融会社 借入残高 毎月の返済額
Y銀行 510,000円 10,000円
S銀行 825,000円 20,000円
Pカード 1,530,000円 44,000円
Jカード 302,000円 10,000円
合計 3,167,000円 84,000円

任意整理後

利息の免除を受けた上、長期間の分割返済が可能となり、毎月の返済額が半分以下になり、家計に余裕ができました。

金融会社 借入残高 毎月の返済額
Y銀行 510,000円 9,000円
S銀行 809,000円 13,000円
Pカード 1,484,000円 15,000円
Jカード 293,000円 4,000円
合計 3,096,000円 41,000円

【ケース2】Bさん(男性)40代 会社員

任意整理前

7社中2社(K社・M社)が利息制限法の制限利息内の金利で貸付をする銀行系金融機関であり、また、半年程度しか取引をしていない業者(E社)も含まれており、当初は、借金の減額が難しいのではないかとの懸念がありました。

金融会社 借入残高(取引期間)
A社 459,644円(1年半)
K社 169,698円(4年半・制限利息内の取引
M社 648,406円(5年半・制限利息内の取引
E社 136,938円(半年)
S社 965,172円(6年)
T社 960,683円(18年)
C社 125,222円(6年)
合計 3,465,763円

任意整理後

しかし、債務内容を調査すると、取引期間が長かったT社とC社に過払金が発生しており、この返還を受けた結果、約350万円あった借金がすべて消え、逆に、80万円以上のお金が手元に戻ってきました。

金融会社 和解金額(過払い金の発生)
A社 361,466円
K社 169,698円
M社 630,553円
E社 128,000円
S社 220,000円
T社 ▲2,030,000円(過払金の発生)
C社 ▲329,954円(過払金の発生)
合計 ▲850,237円

約350万円の借金がなくなり、約85万円も手元に戻ってきた!

レアールの任意整理の特色

豊富な実績と経験があります!債権者(業者)のデータ量が違います!

レアールは、豊富な実績と経験に裏付けられた適切な対応をお約束します。和解実績のある債権者(業者)の数も300社を超え、この債権者であれば、どの程度まで長期の分割返済が可能かどうかなど、膨大なデータの蓄積があります。

ご依頼者様ごとの状況をしっかりと把握し、完済力が違います!

ご依頼者様一人一人の個別の経済状況をしっかりと把握し、完済するまで無理なく返済ができる計画での和解ができるようにします。手間を惜しまず、何度でも債権者と交渉を重ねていきますので、ご安心ください。

弁護士と専任女性スタッフによる誠心誠意かつ親身な対応

ご依頼をいただいた後、弁護士のほか、あなた専任の女性スタッフが最後まで誠心誠意かつ親身な対応をさせていただきます。気になることは、何でも、いつでも、お気軽にご相談ください。

弁護士費用は分割OK過払金があれば回収して弁護士費用に充当できます

気になる弁護士費用も、過度な負担とならないよう分割でのお支払いが可能です。また、債務調査中に過払金が発生していた場合には、これを回収して弁護士費用に充当できます。

任意整理に関するQ&A

  • 【Q】家族に内緒で任意整理手続をすることはできますか?

    • 家族に内緒で任意手続き当事務所では、秘密は厳守します。事前に申告いただければ、当事務所において、電話や郵便物に細心の注意を払いますので、当事務所からご家族に手続のことが漏れることはありません。また、家族が保証人になっていない限り、債権者からも直接連絡がいくことはありません。

      ただし、ヤミ金など一部の業者は、自宅訪問や家族に連絡するなど悪質な取立をする場合があり、その場合、結果として、家族に知られてしまうことになりますので、ご了承ください。

  • 【Q】ギャンブルや浪費が原因の借入でも任意整理をすることができますか?

    • ギャンブルや浪費が原因の任意整理任意整理は、裁判所を介さずに行なう私的な手続ですので、借金の理由が浪費やギャンブル(自己破産の場合免責不許可事由にあたります)であっても手続をすることができます。

  • 【Q】一部の債権者だけを除いて任意整理をすることができますか?

    • 一部の債権者だけを除いて任意整理できます。

      任意整理は、裁判所を介さずに行う私的な手続ですので、例えば、住宅や車のローン会社を除くなど、対象となる債権者を任意に選択して手続をすることができます。マイホームや愛車を手放したくない方にはメリットが大きい手続であるといえます。

任意整理の弁護士費用

※全て税抜き金額で表記しております。

着手金

債権者1社につき20,000円

解決報酬金

和解が成立したとき、債権者1社ごとに発生します。
(手続き前の債務金額) (解決報酬金額)
~149,999円の場合   … 0円
150,000円~299,999円の場合   … 10,000円
300,000円~の場合   … 20,000円
  • ※過払い金を回収した場合は、別途過払い金返還報酬金が発生します。
  • ※送金管理事務手数料として、振込送金1回につき1,000円(税込)が発生します。

相談の流れ

些細なことでも構いません。相談は無料です。お気軽にご相談ください。

  1. 電話メールでお問い合わせ

    電話かメールでの
    お問い合わせ無料

  2. 弁護士との面談日時のご予約

    弁護士との面談日時の
    ご予約無料

  3. 弁護士による面談

    弁護士による面談
    無料

  4. 契約

    ご契約

  5. 取立・返済ストップ

    取立・返済ストップ
    債務整理手続開始

  • レアール法律事務所の入り口
  • 櫻田弁護士との面談風景
  • レアール法律事務所の応接室
レアール法律事務所のブログ